作品概要

オフィーリア》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ラファエロ前派

ラファエロ前派兄弟団は1844年にロンドンで結成されたイギリス芸術家たちによるグループで、当時イギリスのロイヤルアカデミーが強制したラファエロを頂点とした芸術に反発し、ラファエロ以前に活動した画家たちの作品を擁護した。特徴としては、写実的な作風、細部へのこだわり、社会問題や宗教や文学のテーマを扱ったことが挙げられる。

題材

ラファエロ前派の作品の中で最も有名なこの絵は、グループの若い情熱の絶頂期に制作された。細部への徹底したこだわりや詩的象徴主義は、彼らの典型的なスタイルである。ラファエロ前派の画家が着想の源として好んだのがシェイクスピアであった。この作品で画家が描いているのは、『ハムレット』の一場面である。この場面では、恋人に父親を殺されたオフィーリアが川に身を投げて溺れる。

象徴的な意味

川の中に描かれた花のそれぞれには象徴的な意味がある。ミレイはこれに倣って植物学的な正確さで花々を描き、ヴィクトリア朝時代の花言葉も加えた。その中にはパンジー(むなしい愛)、スミレ(忠実)、イラクサ(痛み)などが含まれている。最後の連想である死は、右側の木の葉の形が作る頭蓋骨の輪郭にも暗示されている。

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名オフィーリア
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • オフィーリアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。