作品概要

パッセリーニの聖母被昇天》は、画家のアンドレア・デル・サルトによって制作された作品。制作年は1526年から1526年で、ピッティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『パッセリーニの聖母被昇天』はイタリアのルネッサンス期の画家、 アンドレア・デル・サルトによって1526年に描かれた絵画。フィレンツェのピッティ 美術館に所蔵されている。

この作品は、マルゲリータ・パッセリーニが、コルトーナにあるサンタ・マリア教会の私用祭壇のために依頼したものである。契約書は1526年に交わされ、報酬として155フロリンが支払われた。1553年に同教会の修道士が引っ越しする際、この作品も共にサント・アントーニオ・デイ・セルヴィ教会に移された。1639年、トスカーナ大公フェルディナンド2世・デ・メディチが本作を購入した。その支払いとして教会に残すために作らせた本作の模写は、コルトーナの司教区博物館にある。本作はその後、同じくアンドレア・デル・サルトによる類似の作品『パンチャティキの聖母被昇天』とともに、現在の所蔵先であるピッティ美術館へと移された。

アンドレア・デル・サルトは、『パンチャティキの聖母被昇天』を下敷きに本作を描いた。二つの作品の異なる点として、風景の代わりに描かれた暗い背景、聖母マリアやその周りの天使の姿勢、右側でひざまづいていた使徒の代わりにコルトーナの守護聖人である聖マルゲリータが描かれていることなどがある。また、左側の使徒も聖ニコラウスに変わっている。

この作品の制作時、アンドレア・デル・サルトは既に結婚していた。聖母マリアの顔は彼の妻の肖像であると言われている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドレア・デル・サルト
  • 作品名パッセリーニの聖母被昇天
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1526年 - 1526年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ピッティ美術館 (イタリア)
  • 種類板、油彩
  • 高さ362cm
  • 横幅209cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • パッセリーニの聖母被昇天の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。