作品概要

聖マルコ》は、画家のフラ・バルトロメオによって制作された作品。制作年は1515年から1515年で、フィレンツェ ピッティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

フラ・バルトロメオが描いた「聖マルコ」は、フィレンツェのサンマルコ修道院の礼拝堂のひとつに飾られていた。この礼拝堂は、合唱のために使用されており、フラ・バルトロメオ作「聖マルコ」と「聖セバスティアーノ」の二枚が対になっていたという。

「聖マルコ」は、1690年までサン・マルコ修道院の礼拝堂に飾られていたことがわかっている。一方、「聖セバスティアーノ」のほうは、1529年に聖具室に移され、まもなくフランスに売られていったと伝えられているが現在も行方不明である。

「聖マルコ」は、1690年に修道院を改築するさいに、トスカーナ大公フェルディナンド・デ・メディチのコレクションに加えられた。修道院には、作品のコピーが代わりに飾られたという。

メディチ家のコレクションになった「聖マルコ」は、1799年にフランス兵によって略奪されフランスに持ち去られたが、1816年にイタリアに返還された。

「聖マルコ」は、フラ・バルトロメオがローマから戻った1515年に制作されており、古文書からもそれは証明されている。

ローマ滞在中に、ミケランジェロが描いたシスティーナ礼拝堂の天井画や、ラファエロがサンタゴスティーノ聖堂に描いた「予言者イザヤ」に強い影響を受けた作品といわれ、体と首を反転させている聖人の動きや、実際の彫刻を思わせる構図など、それまでの作品との相違が見える。

高さが3メートル半もある大作であり、光と影の陰影も美しく、フラ・バルトロメオが晩年の力を搾った傑作といえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フラ・バルトロメオ
  • 作品名聖マルコ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1515年 - 1515年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵フィレンツェ ピッティ美術館 (イタリア)
  • 種類油彩
  • 高さ352cm
  • 横幅212cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖マルコの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。