作品概要

聖母子と洗礼者ヨハネ》は、画家のフラ・バルトロメオによって制作された作品。制作年は1497年頃年から?で、ニューヨーク メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

フラ・バルトロメオは本名をバッチョ・デッラ・ポルタ。全盛期を過ぎたフィレンツェに生まれ、サヴォナローラに心酔しドメニコ派の修道僧となった画家である。ヴァザーリによれば、非常に勤勉で清く正しい人柄であったと伝えられている。また、静かな生活を好み、娯楽とは無縁の人生であったとヴァザーリは書いている。

10才になるころ、建築家で彫刻家でもあったベネデット・ダ・マイアーノの推薦で、画家コジモ・ロッセッリの工房に弟子入した。ここで、ピエロ・ディ・コジモなどの画家たちと友情をはぐくんだらしい。

20代前半で独立したフラ・バルトロメオが、24歳の時に描いたのが「聖母子と洗礼者ヨハネ」である。

聖母マリアがイエスを抱き、部屋の角に座っている。背後にはふたつの窓があり、奥には田園風景が描かれている。まるまると太った幼児イエスは、聖母マリアの膝から体を反転させて、マリアの足下にひざまづく洗礼者ヨハネに視線を向けている。

作品の構図は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「ブノアの聖母」から強い影響を受けており、背景部分はフランドル派の画風である。とくに、背景部分の右半分は、フランドル派の画家ハンス・メムリンクが1490年に描いた「玉座の聖母子と二人の天使」の背景部分をそのまま模写しているといっても過言ではない。

色遣いは、成熟期のペルジーノの影響が濃い。ペルジーノの色遣いについては、その弟子であったラファエロも影響を受けた一人であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フラ・バルトロメオ
  • 作品名聖母子と洗礼者ヨハネ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1497年頃年 - 不明
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ニューヨーク メトロポリタン美術館 (アメリカ合衆国)
  • 種類油彩
  • 高さ58,4cm
  • 横幅43,8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖母子と洗礼者ヨハネの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。