作品概要

フランチェスコ・デッレ・オペレの肖像》は、画家のペルジーノによって制作された作品。制作年は1494年から1494年で、ウフィツィ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『フランチェスコ・デッレ・オペレの肖像』 は、1494年にルネッサンスの画家ピエトロ・ペルジーノによって制作された絵画で、ウフィツィ美術館に所蔵されている。

この作品が最初に記録されたのは、美術品の収集家でもあった枢機卿レオポルド・デ・メディチの資産目録である。19世紀初頭まではペルジーノとヤコポ・フランシアの作であるとされていたが、作品の背面に書かれた記述を発見したアントニオ・ラミレス・デ・モンタルヴォにより、再びペルジーノの作であるとされた。本作は長い間自画像とみなされており、1883年よりヴァザーリ回廊の自画像ギャラリーに展示されていたが、1881年にペルジーノの友人であり宝石彫刻家のフランチェスコ・デッレ・オペレ(1516年没)の肖像画だと確定された。

フランチェスコ・デッレ・オペレは黒いベレーに同じく黒いマント、赤いブラウスと白いシャツを身に着けている。彼の手には、ジローラモ・サヴォナローラ(1452-1498、ドミニコ会修道士)の有名な説教の始まりの部分である「Timete Devm」(神に気づけ)という言葉の書かれたカルトゥーシュが見える。ハンス・メムリンクの『手紙を持つ男』のような当時のフランドル派の作品と同じように、彼の左手は作品の下限にある見えない手すりに置かれているように見える。背景に見える尖った塔のある都市も、メムリンクの作品との共通点である。また、小さな木と湖のある風景は、ウンブリア派の作品に見られる典型的な背景である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ペルジーノ
  • 作品名フランチェスコ・デッレ・オペレの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1494年 - 1494年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ウフィツィ美術館 (イタリア)
  • 種類板、油彩
  • 高さ52cm
  • 横幅44cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • フランチェスコ・デッレ・オペレの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。