作品概要

キリストの哀悼》は、画家のペルジーノによって制作された作品。制作年は1495年から1495年で、パラティーナ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『キリストの哀悼』 は、1495年にルネッサンスの画家ピエトロ・ペルジーノによって制作された絵画で、フィレンツェのパラティーナ美術館に所蔵されている。キリストの死を悼むという主題で描かれた作品である。

この作品は、サンタキアーラ修道院のクララ会により依頼された。当時高い評価を得た本作は、後のフラ・バルトロメオの『ピエタ』や、アンドレア・デル・サルトの『ルーコのピエタ』(ともにパラティーナ美術館所蔵)に影響を与えた。ナポレオン侵略により1799年から1814年までの間パリに移されるが、その後アカデミア美術館の所蔵となり、最終的にパラティーナ美術館へと移された。

本作は調和と美の感覚を壊すことなく、悲嘆に沈む静かな雰囲気を作り出している。多くの登場人物はさまざまな表情や姿勢で描かれているが、これはペルジーノ独自の描き方である。湖と要塞都市のある丘を背景にし、前景の哀悼の場面は作品の下半分を占めている。キリストは白い布の上で横たわり、聖ニコデモとアリマタヤのヨセフ、信心深い女性の一人によって体を支えられている。聖母マリアはキリストの片腕を取り、痛ましい表情で彼を見ている。中央にいる鮮やかな赤い衣服の女性はマグダラのマリアであり、前述のニコデモとアリマタヤのヨセフとで三角形の構図を形成し、その頂点部に位置している。左側には使徒ヨハネと信心深い女性がおり、右側の三人の人物は会話をしているようである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ペルジーノ
  • 作品名キリストの哀悼
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1495年 - 1495年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵パラティーナ美術館 (イタリア)
  • 種類油彩画
  • 高さ220cm
  • 横幅195cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • キリストの哀悼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。