作品概要

恵信尼自筆書状類》は、画家の恵信尼によって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

親鸞の妻である恵信尼が京都にいた娘、覚信尼に宛て越後から書き送った書状類で、親鸞の素顔を知る貴重な史料となっています。

親鸞の訃報に接して書かれた弘長3年(1263)2月10日の書状には、親鸞が法然の門下になったきっかけや、あの有名な絶対他力の概念を生み出したことなど、ありし日の親鸞の様子が、格調高い豊かな言葉で生き生きと綴られています。

基本情報・編集情報

  • 画家恵信尼
  • 作品名恵信尼自筆書状類
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 恵信尼自筆書状類の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。