作品概要

阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)》は、画家の作者不明によって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

鎌倉時代の来迎図を代表する作品です。

全身を金色に輝かせた阿弥陀聖衆が、経巻を前に合掌する往生者を迎える様子を描いています。

急な山の斜面にそって来迎する構図が、スピード感を与えることから、「早来迎」の名で知られてきました。

多くの化仏と化宮殿が描かれることから、最上ランクにあたる上品上生の来迎を表していることがわかります。


基本情報・編集情報

  • 画家作者不明
  • 作品名阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。