作品概要

東方三博士の来訪》は、画家のドメニコ・ギルランダイオによって制作された作品。制作年は1485年から1488年で、オスペダーレ・デリ・インノチェンティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《東方三博士の来訪》はルネサンスのイタリア画家、ドメニコ・ギルランダイオによって描かれた作品である。『東方三博士の来訪』は1485年から1488年の間に制作され、イタリアのフィレンツェにある、オスペダーレ・デリ・インノチェンティ美術館に所蔵されている。同じ場所にあるプリデッラ(祭壇画の最下部にあたる部分)は、ドメニコを師としていたバルトロメオ・ディ・ジョヴァンニよって描かれた。

制作の経緯

1485年10月28日に、フィレンツェの孤児院である、オスペダーレ・デリ・インノチェンティの修道院長であった、フランセスコ・ディ・ジョヴァンニ・テソーリは、サンタ・マリア・デリ・インノチェンティの付属教会の主要祭壇に飾る祭壇画の委託に関して、詳細な契約をドメニコと結んだ。

その祭壇画の題材には『東方三博士の来訪』が選ばれた。『東方三博士の来訪』は15世紀のフィレンツェの美術として一般的であった。描画が委員による承認を受け、貴重な色が使われていることから、契約には、ドメニコ自身が絵の制作を行わなければならないことが明記されていた。制作は13か月以内に完了しなければならず、その報酬はフロリン銀貨115枚だった。

来歴

ジュリアーノ・ダ・サンガッロ(イタリアの建築家)によってデザインされた後、1486年にアントニオ・ディ・フランセスコ・バルトロに委任された元のフレームは、教会の内装が改装され、祭壇画が取り外された1786年に壊された。

『東方三博士の来訪』は、1917年に病院の画廊に移され、1971年には1615年に離れ離れとなっていた、元のプリデッラと結合されることとなった。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ドメニコ・ギルランダイオと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ドメニコ・ギルランダイオ
  • 作品名東方三博士の来訪
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1485年 - 1488年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵オスペダーレ・デリ・インノチェンティ美術館 (イタリア)
  • 種類テンペラ
  • 高さ285cm
  • 横幅243cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 東方三博士の来訪の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。