作品概要

阿弥陀三尊坐像》は、画家の作者不明によって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

この阿弥陀三尊坐像が納められている浄光明寺は、鎌倉幕府第6代執権北条長時が創建した浄土宗諸行本願義派の思想に基づく浄土・真言・華厳・律などの諸宗兼学の寺です。

阿弥陀如来坐像の像内に正安元年(1299)の年紀と、平久時の名前を記した文書が納められていました。久時は長時の孫です。

中尊が説法印を結び、両脇侍が坐った形の像は鎌倉時代にはきわめてめずらしいものです。

ちなみに阿弥陀如来坐像の総高(台座の下から光背の頂部まで)は3m83cmです。

基本情報・編集情報

  • 画家作者不明
  • 作品名阿弥陀三尊坐像
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 阿弥陀三尊坐像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。