作品概要

ペルセウスとアンドロメダ》は、画家のティツィアーノ・ヴェチェッリオによって制作された作品。制作年は1554年から1556年で、ウォレス・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ペルセウスとアンドロメダ』は、ベネチア・ルネッサンス期の画家ティツィアーノによって描かれた作品であり、現在はイギリスのウォレス・コレクションに所蔵されている。1554年-56年に描かれたこの作品は、スペイン王フェリペ二世のために作られた「ポエジー」(「詩」)と呼ばれる、神話を基にした絵画のシリーズの一部であった。このシリーズはローマの詩人であるオヴィッドによるメタモルフォーゼ、ブックⅣのライン663-752からテーマが取られており、全て女性の裸体が特色である。

絵は、油彩画で描かれており、175×189.5㎝の大きさである。恐らく、1605年には既に「損傷がある物」とみなされる作品であった。そして続いて損傷をこうむり、同様に周囲が切り刻まれていることが明確である。科学的な画像処理技術によると、構成がよくなるような相当な数の変更が見て取れる。

この絵は、ヒーローであるペルセウスが戦闘態勢で空から飛んできて、生贄として海岸の断崖絶壁に鎖で縛られているアンドロメダを殺めようとしている海の怪物を退治するシーンが描かれている。ペルセウスはすでに怪物を攻撃しており、怪物の肩に怪我を負わせている。これはギリシャ神話で、ペルセウスが怪物メドゥーサを退治した帰路に、後に結婚することになるアンドロメダを助けるために怪物を退治している。

この絵画は、ベニスで描かれたにも関わらず、国外によく持ち出されている。現在のベルギーに運ばれ、そしてスペイン、イタリア、イギリス、そしイギリスにもどる前にはフランスに行った。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
  • 作品名ペルセウスとアンドロメダ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1554年 - 1556年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ウォレス・コレクション (イギリス)
  • 種類油彩・キャンバス
  • 高さ175cm
  • 横幅189.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ペルセウスとアンドロメダの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。