作品概要

キリストの復活》は、画家のパオロ・ウッチェッロによって制作された作品。制作年は1443年から1443年で、フィレンツェ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

パオロ・ウッチェッロが下書きを描き、ガラス職人のベルナルド・ディ・フランチェスコがフィレンツェのドゥオモを飾るステンドクラスとして完成させたものである。テーマは、「キリストの復活」。

1430年から1440年にかけては、パオロ・ウッチェッロがその創作活動をもっとも充実させた時代であった。その制作活動の多くは、フィレンツェのドゥオモである「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」内で行われた。

大聖堂の玄関内側に描いた「時計」を初め、焼失した「受胎告知」、ウッチェッロの代表作となった「ジョヴァンニ・アクートの騎馬像」、ステンドグラスの下絵となった「キリストの誕生」、そしてこの「キリストの復活」と、充実した画家活動が続いていたことが伺える。

この下絵を描いた報酬として、パオロ・ウッチェッロは1443年7月に40フィオリーニを受け取った記録がある。これは当時、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂内にフレスコ画を描いていた画家たちの報酬よりわずかに少ないといった程度で、ステンドガラスの下絵としては破格の報酬であった。

画面下方には、キリストが葬られた棺が描かれている。その棺の蓋を左によけて、キリストが立ちあがっている構図である。その周辺には、眠りこける兵士たち、自然の風景が広がっている。

イエス・キリストは、花の柄の白い衣装をまとい、全身から光を発している。その衣装の描き方から、風の動きまでが表現されている。

「キリストの復活」を囲む縁は、花とメダルの幾何学もようが交互に描かれた円形をしている。

紺と青の濃いグラディエーションの背後から、明るい色彩のキリストが幻想的に復活する様子をを見事に描いたステンドグラスといえる。また、ステンドグラスといえども、ウッチェッロが生涯固執した遠近法は、キリストの下の棺に見ることができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パオロ・ウッチェッロ
  • 作品名キリストの復活
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1443年 - 1443年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵フィレンツェ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 (イタリア)
  • 種類ステンドグラス
  • 高さ468cm
  • 横幅468cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • キリストの復活の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。