作品概要

キリストの洗礼》は、画家のペルジーノによって制作された作品。制作年は1481年から1482年で、システィーナ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『キリストの洗礼』は、イタリアのルネッサンス期の画家ペルジーノとその工房により1482年頃に制作された、システィーナ礼拝堂を飾るフレスコ画である。この作品は、1480年にペルジーノがローマの旧サンピエトロ大聖堂の礼拝堂の装飾を行っていたときに依頼されたものである。教皇シクストゥス四世はペルジーノの仕事を気に入り、ヴァチカン宮殿に新しく建てたシスティーナ礼拝堂の壁画装飾を彼に任せることを決めた。

壁画の大きさもあり、ペルジーノは後にフィレンツェ出身の画家、ボッティチェリやギルランダイオなどのグループに加わって仕事をした。システィーナ礼拝堂の壁画を制作するに当たりペルジーノとともに仕事をした助手たちの中には、ピントゥリッキオ、アンドレア・ダ・アッシジ、ロッコ・ゾッポ、ロ・スパーニャ、バルトロメオ・デラ・ガッタなどが含まれていたが、誰がどの部分を描いたのかということについてはさまざまに議論されている。

本作は祭壇の右側(北壁)の一番初めの位置にある。ちょうど反対側には、同時並行して制作された『エジプトを旅するモーセ』がある。

洗礼の場面は、ペルジーノに典型的な対称の構図で描かれている。画面の中央にはヨルダン川が鑑賞者の方へ向かって流れ、イエスと洗礼者ヨハネの足元に達している。輝く雲の中には熾天使や智天使に囲まれた神が描かれており、聖霊の象徴である鳩を送り出している。 背景には凱旋門やコロッセオ、パンテオンなどによって判別できるローマの象徴的な景色が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ペルジーノ
  • 作品名キリストの洗礼
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1481年 - 1482年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵システィーナ礼拝堂 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ335cm
  • 横幅540cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • キリストの洗礼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。