作品概要

法然上人行状絵図》は、画家の作者不明によって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

元祖法然上人の生涯を描いた絵伝です。

その誕生から入寂に至る行状のほか、法語、消息、著述などの思想もあらわし、さらには門弟の列伝、帰依者(天皇、公家、武家)の事績までをも含んで48巻に構成されています。

この場面は巻6第3段で、法然が京都東山の吉水で多くの人々に対して極楽浄土と専修念仏について説く記念的場面を表しています。

構図、色彩ともに優れ、鎌倉後期の宮廷絵所絵師の画風を顕著に見せています。

基本情報・編集情報

  • 画家作者不明
  • 作品名法然上人行状絵図
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 法然上人行状絵図の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。