作品概要

愛と純潔の戦い》は、画家のペルジーノによって制作された作品。制作年は1503年から1505年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『愛と純潔の戦い』はイタリアの画家ピエトロ・ペルジーノによる作品。現在はパリのルーヴル美術館に所蔵されている。元々はマントヴァ侯妃イザベラ・デステの部屋を飾る装飾画として依頼され、制作された。

この作品は、イザベラ・デステが自身の部屋に飾るために依頼した三番目の絵画である(前二作はアントレア・マンテーニャによる『パルナッソス』と『美徳の勝利』)。ゴンザーガ家の廃絶後、作品はカルロ一世・ゴンザーガ=ネヴェルスからリシュリュー公爵に贈られ、パリに移された。

この作品の主題は宮廷詩人パリーデ・ダ・チェレザーラによって提案されたことが、当時フィレンツェで活動していたペルジーノとイザベラ・デステの間で交わされた文書に記されている。契約書には、この絵の根拠となるべき文学的主題に関する詳細な内容も含まれていた。例えばペルジーノが裸のウェヌスを描いた際、イザベラ・デステは激しく抗議した。

作品は、なだらかな丘を背景にして、愛と純潔を象徴する人物が戦っている場面を描いている。主題は、イザベラ・デステが自室のために依頼した他の作品と似ている。ミネルヴァ、ディアナ、ウェヌス、アンテロス、ニンフ、ファウヌスなどの神話の人物が見える。背景には、「純潔の愛欲に対する勝利」として、アポロンとダフネ、ユピテルとエウロパ、ポリュペモスとガラテア、プルートとプロセルピナ、ネプチューンとカラスに変じたニンフなどのエピソードが描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ペルジーノ
  • 作品名愛と純潔の戦い
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1503年 - 1505年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類テンペラ画
  • 高さ160cm
  • 横幅191cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 愛と純潔の戦いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。