作品概要

阿弥陀如来立像》は、画家の源智によって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

法然の弟子源智(げんち)が師の一周忌供養にあわせて造ったこの阿弥陀如来立像。

像の内部には、源頼朝、後鳥羽院をはじめとした4万6千人ほどの姓名を記した文書が納められていたそうです。

あの快慶の作風に近いと言われますが、衣文の彫りなどに相違が見られ、別の有力な慶派仏師の作と考えられています。

基本情報・編集情報

  • 画家源智
  • 作品名阿弥陀如来立像
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 阿弥陀如来立像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。