作品概要

エリザベト訪問》は、画家のドメニコ・ギルランダイオによって制作された作品。制作年は1491?年から1491年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『エリザベト訪問』は、ルネサンス期のイタリア画家、ドメニコ・ギルランダイオによって、1491年にテンペラ画法で描かれた作品である。『エリザベト訪問』は、フランスのパリにある、ルーヴル美術館に展示されている。

『エリザベト訪問』は、ロレンツォ・トルナブオーニによって、教会のために製作を依頼された作品である。この教会は、後にサンタマリア・マッダレーナ・デ・パッツィ教会として知られている。

『エリザベト訪問』の挿話は、聖母マリアとエリザベト(洗礼者ヨハネの母)の面会を指す。ドメニコは、『エリザベト訪問』の様子とともに、背景には古典主義のアーチと、アーチの中心には特徴的な風景を描いた。黄色いワイドベストを着たエリザベトは、聖母マリアに敬意を表し跪いている。

絵は多数の細部の描写を特徴としており、ドメニコがフィレンツェのフランドル絵画から学んだ、光の反射効果もその一つである。他には(聖母マリアの清純さをさりげなくほのめかす意図で)、フリーズが真珠や貝殻で装飾されていることや、聖母マリアの光のベール、聖母マリアの外套を留めるために付けられた金のブローチには、パールと中心には(後のキリストの受難をほのめかす)ルビーが施されているなど、詳細に描かれている。ウフィツィ美術館には聖母マリアの外套の下絵を収容している。

両端に描かれた女性二人は、アーチに刻まれた名前の通り、クレオパの妻マリアと聖人サロメであり、彼女たちの存在は、十字架刑とキリストの復活をほのめかしている。(二人は、イエスの十字架刑を見守り、聖人サロメは復活したキリストと最初に出会った女性である。)

聖人サロメのドレスは、フィリッポ・リッピの『聖母子と聖アンナの生涯』の引用である。フィリッポ・リッピは、優美な線画表現において、ドメニコやサンドロ・ボッティチェッリらの作品に多大な刺激を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ドメニコ・ギルランダイオ
  • 作品名エリザベト訪問
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1491?年 - 1491年
  • 製作国イタリア?
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類テンペラ
  • 高さ172cm
  • 横幅165cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • エリザベト訪問の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。