作品概要

プリウレ前の自画像》は、画家のモーリス・ドニによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ドニ後年期を代表する作品のひとつである本作は、ドニが幼少期にも住んでいたイル・ド・フランス地域圏の自宅兼アトリエの庭先を舞台に制作された自画像作品です。

この作品が描かれる2年前の1919年にドニは最愛の妻マルト・ムーリエを病で亡くしており、幼い子供たちのこともあって意気阻喪状態でしたが、その2年後となる1921年に聡明で感受性豊かなエリザベツ・グラトロールと知り合い、エリザベツにマルトの面影を見出しながら彼女の聡明で感受性豊かな様子に惹かれ、再び未来への希望を抱くに至ったという経緯のもとで制作されているのです。

なるほど、彼の目からは未来への強い意志が感じられ、再起に向け静かに奮い立っているようにも見えます。

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ドニ
  • 作品名プリウレ前の自画像
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • プリウレ前の自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。