作品概要

老人と少年の肖像》は、画家のドメニコ・ギルランダイオによって制作された作品。制作年は不明年から1490年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『老人と少年の肖像』は、ルネサンス期のイタリア画家、ドメニコ・ギルランダイオによって、1490年にテンペラ画法で描かれた作品である。『老人と少年の肖像』は、ドメニコのよく知られている作品の一つで、感情に訴える痛切さが顕著な作品だと考えられている。作品のリアリズム性は、15世紀の肖像の中では独特な作品であると評されている。

絵には、赤いローブを着た老人と、老人の腕の中に抱きしめられるように、同じく赤を身に付けた少年が描かれている。暗い壁に反して、イルミネーションが施された室内の中で、二人は腰かけている。彼らの右後方には窓があり、その向こう側に広がる、でこぼこした地形や曲がりくねった道の風景は、ドメニコが描く典型的な背景描写である。

しかし、老人が身に付ける毛皮のローブやフード、少年の上品なダブレット(腰のくびれた胴着)や帽子は高貴な地位であることを示している。また、画題は老人と彼の孫(少年)であると、昔から仮定されているにも関わらず、彼らの身元は未だ不明である。このことから、『老人と少年の肖像』は記念を目的として描かれたものであり、少年は老人の善良さを強調する意図で生み出された、架空の存在であると考えられる。老人の年老いた思慮深い顔と、少年の優美な横側の対比は、絵の痛切さを劇的に表現している。

同時に絵の構成は、主題的にオランダからの肖像画法と関係している。15世紀半ばのイタリアでは、室内に肖像のモチーフを、そして遠方に背景を描く技法は一般的であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ドメニコ・ギルランダイオ
  • 作品名老人と少年の肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明年 - 1490年
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類テンペラ
  • 高さ62cm
  • 横幅46cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 老人と少年の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。