作品概要

聖ペテロへの天国の鍵の授与》は、画家のペルジーノによって描かれた作品。制作年は1481年から1482年で、システィーナ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『聖ペテロへの天国の鍵の授与』は、イタリアルネサンス期の画家・ピエトロ・ペルジーノによって1481年から1482年にかけて描かれたフレスコ画。この作品は、1480年にペルジーノがローマの旧サンピエトロ大聖堂の礼拝堂の装飾を行っていたときに依頼されたものである。教皇シクストゥス四世はペルジーノの仕事を気に入り、ヴァチカン宮殿に新しく建てたシスティーナ礼拝堂の壁画装飾を彼に任せることを決めた。壁画の大きさもあり、ペルジーノは後にフィレンツェ出身の画家、ボッティチェリやギルランダイオなどのグループに加わって作品を仕上げた。

礼拝堂の北壁面を装飾する「キリストの生涯の物語」の一部であるこの作品で描かれているのは、マタイ伝16章の「天国の鍵を与えられるペテロ」の場面である。この鍵は、他人が天国へ入ることを許可する力を与える神の言葉を分かち合う権限を表している。中央でイエス・キリストにひざまずき、鍵を受け取っているのが聖ペテロである。左右に並ぶ群衆の中にはユダを含む使徒が光輪とともに描かれている。右から五番目の人物はペルジーノの自画像ではないかと言われている。中央の建物は、左右に凱旋門のあるソロモンの寺院である。

人物のスタイルは師ヴェロッキオの影響を受けている。重量感のある複雑な衣服のひだ、美しい顔立ち、長く流れる髪、気品のあるたたずまいなどは、ヴェロッキオ作「キリストと聖トーマス」の銅像を思い起こさせるものがある。彼らの頭は体に対して小さく、その表情は細部に相当の注意を払って繊細に描かれている。

ペルジーノは風景描写の分野で大きな貢献をしたと考えられる。画面いっぱいに横切る地平線の与える広々とした印象は、同時代の他の作品には見られないものである。遠景のブルーグレーの丘、雲の広がる空へ向かって立つ軽やかな木などの描写は、後の時代の画家、特にラファエロなどによい影響を与えることになる。

基本情報・編集情報

  • 画家ペルジーノ
  • 作品名聖ペテロへの天国の鍵の授与
  • 制作年1481年-1482年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵システィーナ礼拝堂 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ330cm
  • 横幅550cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖ペテロへの天国の鍵の授与の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。