作品概要

聖母の接吻(輝く大天使・聖母の接吻・アダムとイブの楽園追放)》は、画家のモーリス・ドニによって描かれた作品。制作年は1918年から1918年で、プリウレ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ドニが幼少期と晩年期に居住していた、サン=ジェルマン=アン=レ地方にあるプレウリ礼拝堂の側面大窓のステンドグラス用の画稿として制作されました。

画面上部に聖母マリアが大天使ガブリエルより聖胎を告げられる場面≪受胎告知≫、画面中央に幼子イエスを抱く聖母マリアを配した≪聖母子≫、画面下部にはアダムとイブが禁断の果実を口にし楽園を追放された≪楽園追放≫と3つの場面から構成される宗教画です。

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ドニ
  • 作品名聖母の接吻(輝く大天使・聖母の接吻・アダムとイブの楽園追放)
  • 制作年1918年-1918年
  • 製作国不明
  • 所蔵プリウレ美術館 (フランス)
  • 種類不明
  • 高さ259cm
  • 横幅53cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖母の接吻(輝く大天使・聖母の接吻・アダムとイブの楽園追放)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。