作品概要

謙遜の聖母》は、画家のジェンティーレ・ダ・ファブリアーノによって描かれた作品。制作年は1420年から1423年で、サン・マッテオ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『謙遜の聖母』は、1420年から1423年頃にイタリアの画家、ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノによって描かれたテンペラ画。 ピサのサン・マッテオ美術館に収蔵されている。

この作品はかつて地方の教会に委託されていたが、その詳細は知られていない。作品の小ぶりなサイズは、個人の礼拝用に描かれたことを示唆している。ピサの大司教である枢機卿アレマンノ・アディマリ(ローマのサンタ・マリア・ノヴァ教会に、ジェンティーレによって装飾された墓碑を持っていた)に依頼されて作成された可能性もある。

「謙遜の聖母」と呼ばれる地面の上に座る聖母マリアのモチーフは、15世紀初頭の西洋画の共通テーマであった。 豊かに飾られた金箔の上で、聖母マリアが幼子イエスを膝の上に抱いている。 金色の鮮やかな背景、衣服などの細やかな描写技術、幼子イエスの体勢などからは、彼のフィレンツェ時代の作品、『東方三賢王の礼拝』 (1423)や『幼いキリストを礼拝する聖母』との関連が見える。ジェンティーレは同じ構図の作品を1420~1421年に描いているが、その作品の聖母マリアは正面から描かれている。

聖母マリアのケープのふちには “AVE M [A] T [ER] DIEGNA [D] EI”と書かれており、イエスを乗せた布の端にはアラビア文字で「アッラーの他に神はなし」(コーランの信仰告白の言葉)と書かれているが、おそらくは元の文の正確な意味を知らずに、エキゾチックな印象を与えるために入れたものと考えられている。

基本情報・編集情報

  • 画家ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ
  • 作品名謙遜の聖母
  • 制作年1420年-1423年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サン・マッテオ美術館 (イタリア)
  • 種類テンペラ画
  • 高さ56cm
  • 横幅41cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 謙遜の聖母の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。