作品概要

両腕を挙げるオダリスク》は、画家のアンリ・マティスによって描かれた作品。制作年は1923年から1923年で、ナショナル・ギャラリー・オブ・アートに所蔵されている。

詳細な画像を見る

二度の世界大戦を経験

マティスが生きている間、大きな戦争が二度勃発している。第一次世界大戦と第二次世界大戦である。

二度の大戦を経験し、彼の制作スタイルは劇的な変化をし続けた。それは彼の画家人生の進化に繋がったとも言えよう。

したがって、彼の描く裸婦像にも、幅広い様々な種類のものがある。

モロッコの旅に影響を受ける

彼が描いたオダリスク絵画は、モロッコの旅路に影響を受けて制作された。

彼のオダリスク絵画に出てくるモデルの女性はほとんどは、当時のマティスの主要モデルである。なお、オダリスクとは、ハーレムの女奴隷を意味する言葉。

作品の魅力

この作品の中で、女性は緑と黄色のストライプ柄の肘掛け椅子に腰かけている。キャンバスの大部分は、彼女の身体とその椅子。随所に描かれている幾何学的な形や物の意匠により、見るものは一瞬視線を惑わされる。しかしながら、女性が醸し出す心地よい雰囲気に、その視線は、また女性にと向けられる仕組みだ。

彼女は、ほぼ裸で、腰から下には透き通った薄い織物を身に付けている。その織物は裾に金が施されているハーレムのズボンである。彼女の下半身を足元まで覆い、さらに床についている。

彼女の示唆的なポーズと身体の湾曲が印象的な作品であり、これにより性的なイメージが強く表現されていると言えよう。

彼女の胸は丸みを帯びており理想的と言える。しかし、彼女の腕の下には毛が見え、身体全体が理想的とは言えず、これが当時の批評家たちの中傷の的となった。

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・マティス
  • 作品名両腕を挙げるオダリスク
  • 制作年1923年-1923年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー・オブ・アート (アメリカ)
  • 種類カンヴァス、油彩
  • 高さ68cm
  • 横幅64cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 両腕を挙げるオダリスクの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。