作品概要

居酒屋の一場面》は、画家のヤン・ステーンによって制作された作品。制作年は1665年から1665年で、マウリッツハイス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

オランダの画家ヤン・ステーンの油彩画《居酒屋の一場面》では、人間の不節制で愚かな行為をユーモラスに描いている。

教訓

この絵には、「男はみんな同じことを考えている。何をしていようとー」というジョークが込められている。

緩んだ弓をバイオリンを持った帽子をかぶった男は隣の女性をいやらしい目つきで見つめており、セレナーデ(恋人に送る叙情的な楽曲)を演奏していると思われる。左側の炉床の前では老婦人が火を起こしており、この絵が彼女が経営している売春婦の一場面であることを表現している。その隣の大笑いしている男は、ステーンの自画像であると言われている。

膝の上に座っているワイングラスを持った女性は、体を挑発的な角度に傾け男を誘惑している。右側のテーブルでは三人の男ー放埓な中年から恋煩いの若者までーは女性とカードゲームしている。彼女はダイヤモンドのエースのカードを鑑賞者に見せており、意味深な笑みを浮かべている。後ろにはカーテンで区切られたベッドが置かれ、横の壁には女性の世紀を象徴するリュートが立てかけられていることから、三人の男は彼女の心を巡ってカードゲームで競っていると見て取れる。

天井からは蔓のリースで装飾されたベルがぶら下がっており、”サービス”を受けたい客がそれを引く仕組みとなっている。

巧みな描写

ステーンはストーリーのを語るのが上手なだけでなく、空間の緻密な描写も得意である。特筆すべきは、後ろの窓から差し込む柔らかい光や、手前のリアルな床タイルや真鍮ポットである。ほとんどの登場人物は画面の真ん中に集まっており、そのため手前の物が更に立体的に見えるのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・ステーン
  • 作品名居酒屋の一場面
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1665年 - 1665年
  • 製作国不明
  • 所蔵マウリッツハイス美術館 (オランダ)
  • 種類油絵
  • 高さ81.9cm
  • 横幅71.6cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 居酒屋の一場面の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。