作品概要

セザンヌ礼賛(セザンヌ頌)》は、画家のモーリス・ドニによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

本作は近代絵画の父セザンヌの静物画『果物入れ、グラス、林檎のある静物』を議論・称賛する画家たち(信望者たち)を描いた一種の集団肖像画です。

セザンヌ最初の個展が開催されたヴォラールの画廊を舞台とした画面の中央やや左に配される静物画を中心に、左端にはモーリス・ドニが敬愛の念を抱いていたオディロン・ルドンが、静物画のすぐ右側にはポール・ゴーギャンが描かれており、互いが意見を交わしている様子を表現しています。

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ドニ
  • 作品名セザンヌ礼賛(セザンヌ頌)
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • セザンヌ礼賛(セザンヌ頌)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。