作品概要

居酒屋でお祭り騒ぎ》は、画家のヤン・ステーンによって制作された作品。制作年は1674年から1674年で、ウォレス・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《居酒屋でお祭り騒ぎ》は、オランダの画家ヤン・ステーンが1674年に描いた作品である。

ステーン一家

この作品では、 下層階級のフラマン人(北フランスやベルギーに起源をもつ、オランダ語を話すゲルマン民族)が居酒屋での様子と、エレガントなオランダ人が各々を楽しむ様子を併せて描いている。この絵には様々な人物が登場しており、母親、赤子、子ども、踊り子、酒飲み、傍観者など、楽しそうな雰囲気をはっきりと伝えている。

この生き生きとした空気と散らかった場面はステーンの作品で度々描かれており、「ステーン一家」というオランダのことわざができたほどである。ステーンの家族は醸造者であり、宿屋を営んでいた影響もあり、このような居酒屋や旅館をもしばしば題材として取り上げている。

仄めかされる皮肉

この絵では、多様な人生が描写されている。左奥のテーブルでは白髪の老女が祈りを捧げ、隣には男の子が座っている。その向かい側には、愛おしそうに見つめ合っているカップルが座っており、後ろの椅子では男性がバグパイフを演奏している。右奥のテーブルでは男性たちが酒を飲みながら語り合っている。画面の手前には猫に食事を与えている男の子と、その隣には赤子を抱えた女性が座っている。これらの人物は、いずれも異なる人生のステージで人間が取る行為の例として描かれている。

ステーンは、自分の風俗画でこの絵のようなお祭り騒ぎに加わるよう勧めているというよりは、警告的な意味を込めていると言われている。この作品の画面の真ん中では若いカップルが楽しそうに踊っており、左隣では老夫婦が口論をしている。この二組の男女を隣同士に置く頃により、快楽のみを求める人生の行き先を示しているのかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・ステーン
  • 作品名居酒屋でお祭り騒ぎ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1674年 - 1674年
  • 製作国不明
  • 所蔵ウォレス・コレクション (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ73.3cm
  • 横幅65.9cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 居酒屋でお祭り騒ぎの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。