作品概要

村の学校》は、画家のヤン・ステーンによって制作された作品。制作年は1665年から1665年で、アイルランド・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《村の学校》はオランダの画家ヤン・ステーンが1665年に描いた油絵である。

描かれた人物

この作品の中心は、泣きながら手を教師に差し伸べている男の子である。床には汚い文字が書かれたしわくちゃな紙が落ちており、宿題用紙のように見える。この男の子は恐らく宿題をきちんとやっておらず、教師の木の匙で手を叩かれる懲罰を受けている。

後ろの女の子は、彼を嘲笑っているような笑みを浮かべており、彼女の後ろの男の子は自分の宿題のできに自信があるかのような表情を浮かべている。この二人と泣いている男の子は、ステーンの実の子ども(キャサリン、コーネリアス、ヨハネス)をモチーフに描いていると言われている。この三人は、ステーンが描いた教室をモチーフとしたもう一つの絵画にも登場している。

当時の風習

教室の後ろでは子どもが勉強をしており、その後ろの壁には子どもたちが筆箱として代用しているキャンドルの箱が掛けられている。左側の壁には砂時計が掛けてあり、時間を無駄にせず勉強に励みなさいという戒めの意味が込められている。棚の上に置かれている本は、無知の者を教育し、手に負えない者をなだめる道具の象徴である。

この絵で描写されている体罰は、17世紀基準では特に残忍な行為ではなく、むしろ当時ではごく普通に行われていたのである。教師の服装の方が特筆すべきであり、「歴史的背景にそぐわない、どこか舞台衣装のような雰囲気」を醸し出している。ノースリーブのコード、黄色とストライプのシャツ、短いひだ襟、黒い帽子という格好は、17世紀半ばの装いではなく、時代遅れの16世紀のものでもない。

また、当時の教師はしばしば地主もやっており、そのため画家や作家の目にはアルコール中毒として映っていた。このことは、左後ろの壁にお酒の瓶が置いてあることから分かる。17世紀のヨーロッパではまだまだ読み書きができる人が少なく、教育の質は教師によって大きく左右されていたのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・ステーン
  • 作品名村の学校
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1665年 - 1665年
  • 製作国不明
  • 所蔵アイルランド・ナショナル・ギャラリー (アイルランド)
  • 種類油絵
  • 高さ110.5cm
  • 横幅80.2cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 村の学校の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。