作品概要

牡蠣を食べる少女》は、画家のヤン・ステーンによって制作された作品。制作年は1656年から1660年で、マウリッツハイス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《牡蠣を食べる少女》は、オランダ画家ヤン・ステーンが描いた絵の中で最もサイズが小さいものである。

ヤン・ステーンはキャンバスのサイズによって筆さばきを柔軟に適応させた画家である。「大人が歌えば子どもが笛吹く」のような大きな絵画では線より色を強調し、本作では骨が折れるほど緻密な筆使いを見せている。

作品の特徴

この絵は小さいながら、実にいろんなものを緻密に描写している。銀の皿には半切れのパンと牡蠣ナイフが乗っており、塩と胡椒が包み袋からこぼれている。

テーブルクロスの上には牡蠣の殻だけでなく、食べかけのパンとその周りにパン屑、反対側では細かいデザインが施された美しい青い陶器とその横にはワインが入ったグラスがある。

背後のキッチンでは店の従業員が牡蠣を調理しているのが見て取れる。少女のベルベット素材の上着とファーもとてもリアルに描かれ、本当に触れられそうな錯覚をしてしまうほどである。

隠されたメッセージ

この絵に描かれている少女は、髪型や服装から一見裕福な家の娘に見えるが、果たしてそうだろうか。

彼女は、艶かしく挑発的な眼差しをこちらに向け、牡蠣に塩を振っている。

ヨーロッパでは昔から牡蠣は精力剤として好まれた食材で、塩も同様に媚薬として捉えられていた。このことから、少女は牡蠣だけではなく、自分自身をも差し出しそうとしているかのような印象を与えている。

これを裏付けるかのように、少女の背後にはカーテンで隠されたベッドが描かれている。牡蠣を食べるのは、まるでセックスをする前の儀式のようにも見える。

彼の絵にはいつも隠されたメッセージがあり、しばしばエロティズムが含まれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・ステーン
  • 作品名牡蠣を食べる少女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1656年 - 1660年
  • 製作国不明
  • 所蔵マウリッツハイス美術館
  • 種類油絵
  • 高さ20.5cm
  • 横幅14.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 牡蠣を食べる少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。