作品概要

踊る夫婦》は、画家のヤン・ステーンによって制作された作品。制作年は1663年から1663年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《踊る夫婦》は、オランダの画家ヤン・ステーンにより制作された油彩画である。

お祭り騒ぎ

絵の中を見ると、背景にテントが立てられていることがわかる。このことから、この日はおそらくカーニバルが行われている最中か、もしくは地元の聖人の祝日を祝う市場が開かれているところであると推測できる。

ヤン・ステーンはお祭りのシーンを描いた作品を多く残していることで知られているが、この作品でも絵の中心では、二人の人物が音楽に合わせて踊っている。周りの人々はそれぞれ食事をしていたり、酒を飲んでいたり、タバコを吸っているようである。ミュージシャンたちは音楽を演奏し、カップルは仲むつまじく語り合い、子供たちは遊びまわっている。

ヤン・ステーンは作品の中に自分を描くことが少なくなく、この作品も例外ではない。左側でテーブルに座り、にやにやと笑いながらワインを飲む女性の顎に触れているのが、ヤン・ステーン本人であるとされている。

道徳と図像

本作は一見、楽しいお祭りのワンシーンを描いたシンプルな明るい作品だが、この作品にはそれ以上に真面目なメッセージが込められている。ヤン・ステーンは道徳主義者として、自身の作品の中に象徴的な物を取り入れることにより、人生の儚さを表現しようとしていたことで知られている。

背景に描かれている教会の塔は、人生でもっとも大切な価値を持つものの象徴であり、人々は一時の楽しみに心を奪われるのではなく、もっと重要なことに目を向けるべきである、とヤン・ステーンは伝えたかったのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・ステーン
  • 作品名踊る夫婦
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1663年 - 1663年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ102.5cm
  • 横幅142.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 踊る夫婦の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。