作品概要

ガーンジー島の濃霧》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって制作された作品。制作年は1883年から1883年で、シンシナティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ガーンジー島の濃霧》は、フランスの印象派画家ルノワールによって描かれた油彩画である。

制作の背景

1883年の夏の終わりの頃、ルノワールはイギリス海峡のガーンジー島での一時的滞在を楽しんでいた。彼は、その島のムーラン・ユエ湾の近くで約15の作品を描いた。この期間、ルノワールはかなりの時間をこれらの作品に捧げたのであった。
ぜいたくに重ねられた絵の具で描かれた前景は、遠くの土手をより流動的に見せている。ルノワールはこの技法によって、朝の霧の不明瞭な印象を正確に描き出した。

霧が発生するという一時的な現象と、確固たる景観という恒久的な対象をうまく調和させることに成功している。

描かれた風景

ルノワールは、常に新しい作風や技術の向上を求めており、印象派の仲間たちの作品からも影響を受けていた。この《ガーンジー島の濃霧》は、クロード・モネの《ヴァランジュヴィルの崖の漁師小屋》(1882年、ボストン美術館蔵)と非常によく似た構成を持っている。しかしながら、《ガーンジー島の濃霧》で用いられている絵の具の塗り方や色の使い方は、ルノワール独特の技法としてよく知られているものとなっている。

ルノワールは20年の画家人生の中で多くの風景画を残した。そして、それらのモデルの多くは物を言わない木々や水や陸であった。ルノワールは、煩わしい人間関係から自由になることによって、大胆で刷新的な色使いを用いることができ、さらには多くの人から愛される作品を残すことができたのかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名ガーンジー島の濃霧
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1883年 - 1883年
  • 製作国不明
  • 所蔵シンシナティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ53.3cm
  • 横幅65.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ガーンジー島の濃霧の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。