作品概要

フラフープの少女》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1885年から1885年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フラフープの少女》は、1885年にフランスの画家ピエール・オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品である。現在はアメリカ、ワシントン州のナショナルギャラリーに展示されている。

新たな技法

1880年代、ルノワールは多くの印象派画家たちのように、作品の視覚的効果に対して不満を抱くようになり、より恒久的な質の芸術を求めていた。

1881年のイタリア旅行の際に、ルノワールはルネッサンス期の画家、特にラファエロの技法に新たなインスピレーションを受けた。そしてその技法を「エーグル」や「サワー」と呼び発展させた。この新たな技法によりルノワールの作品には硬さや気密性が加わり、その効果はこの作品によって例示されることとなった。

強調される輪郭

この肖像画は、マリー・ゴージョンという9歳の少女から注文を受けた作品である。色は所々厚く塗られているが、透明感を感じさせる。彼女の肌はすべすべに見えるように調合された絵具により、ほとんど液体のような肌触りとなって輪郭に沿って流れているように見える。筆の運びは硬く確かでありながらも、少女の肌そのもののような滑らかさも備えている。少女の輪郭はいきいきと描かれており、背景はこの輪郭を強調する為に細い筆運びで描かれている。

このしっかりとした輪郭は、《じょうろをもった少女》に見られるような、多くの色彩が溶け合う不完全な描写とは対照的である。

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名フラフープの少女
  • 制作年1885年-1885年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ125.7cm
  • 横幅76.6cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • フラフープの少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。