作品概要

収斂》は、画家のジャクソン・ポロックによって制作された作品。制作年は1952年から1952年で、オルブライト・ノックス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《収斂》は抽象画家ジャクソン・ポロックの代表作であり、1952年に制作された。

ブラック・ポーリング

作品は、「アクション・ペインティング」から「ブラック・ポーリング」への転換期の作品といわれる。

この時期、ポロックは、「アクション・ペインティング」から新たな絵画技法への模索と、アルコール依存症より混迷していた。作品では、芸術と政治が融合され、「言論の自由」「表現の自由」が具体化されている。アメリカ国内が共産主義の脅威やロシアとの冷戦を軽視できない状況下にて、ポロックは社会慣習を中傷し、社会的抑圧による拘束に対して反発している。

表現の自由

作品を通して、ポロック自身の反抗的な気質、表現の自由を表現している。その為、ポロックの作品は文化自由会議(冷戦下の1950年に創設された反共主義的文化人の提言団体)より支持されたといわれる。

また、作品は黒色を基調としているが、オレンジ色、赤色、黄色、青色、白色といった多彩な色彩コラージュがキャンバス全体に粒状に飛び散らされ、形象や線となっている。「ポーリング」「ドリッピング」「スプラッタリング」により、色彩、線描、質感、明暗、形象が表現されている。

現在、《収斂》はオルブライト・ノックス美術館(アメリカ・ニューヨーク州)にて展示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名収斂
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1952年 - 1952年
  • 製作国不明
  • 所蔵オルブライト・ノックス美術館
  • 種類油彩
  • 高さ241.9cm
  • 横幅399.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 収斂の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。