作品概要

サマータイム:ナンバー9A》は、画家のジャクソン・ポロックによって制作された作品。制作年は1948年から1948年で、テート・モダンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サマータイム:ナンバー9A》は、アメリカの画家ジャクソン・ポロックにより、1948年に制作された絵画である。テート・モダン(イギリス・ロンドン)にて展示されている。

技法

ポロックは、1947年から「アクション・ペインティング」という画法を本格的に展開した。「アクション・ペインティング」は、抽象的表現と形態の融合より創出された、独自の技法である。

塗料を注ぎ掛けながら線を描く「ポーリング」、塗料を撒き散らして滴らせる「ドリッピング」、塗料を粒状に飛び散らす「スプラッタリング」といった技法は、本作にも使用されている。

解説

この作品は、雄大なアメリカの自然を表現している。ポロックは、ニューヨークからロングアイランドへ移住後、アメリカを西海岸から東海岸まで横断した。そこで触れた広大な自然風景が、本作に生かされている。夏の匂いや暑さ、自然の普遍的リズムやサイクルが感じられる。

下層には、キャンバス一面にわたり、複数の踊る人物が灰色のフリーズ(帯状の装飾)にて表現されている。右側にいる最後の一人は、黒色にて描かれている。これにより、踊る人物が連なる構成は強化されている。

一部の評論家は、下層にはフリーズ(帯状の装飾)に似た形状が描かれ、その上から複雑に込み入った線が重ねられていると解釈している。

数字のタイトル

ポロックの作品には、数字のタイトルのものが多い。数字は普遍である為、鑑賞者に偏見や先入観なく作品を見てもらうのに適しているという考えから、敢えてタイトルを数字にしたと言われている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名サマータイム:ナンバー9A
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1948年 - 1948年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵テート・モダン (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ84.8cm
  • 横幅55.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • サマータイム:ナンバー9Aの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。