作品概要

男女》は、画家のジャクソン・ポロックによって制作された作品。制作年は1942年から1943年で、フィラデルフィア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《男女》は、画家ジャクソン・ポロックにより1942年から1943年に掛けて制作された。

絵画療法の図像

作品は、絵画療法として描かれたといわれる。この頃、ポロックはアルコール依存症の治療として、ユング派精神分析や絵画療法を受けていた。

作品では、鮮やかな色遣いにて男女が描かれている。キャンバス右側に男性、左側に女性が、シュルレアリスム(超現実主義)やキュビズムにより表現されている。男女の描写は、ジョアン・ミロとパブロ・ピカソの影響を受けている。男性は黒色で円柱の形状にて表現され、円柱には計算式が書かれている。

女性は立ち姿であり、曲線により表現されている。長い睫毛の目を見開き、小さな三角形の足で立っている。男女の間には、子供と思われる姿が描写されている。胴体には、三角形が3つ描かれている。

ドリッピングの誕生

合わせて、ポロックは、男性特有、女性特有の活力を際立たせる為、男女を取り囲むように顔料を塗り付け、飛び散らせている。この描き方は、1947年以降に「ドリッピング」(塗料を撒き散らして滴らせる技法)として確立された。

また、1943年11月、作品は、ペギー・グッゲンハイムの画廊「アート・オブ・ディス・ センチュリー」(アメリカ・ニューヨーク州)にて開催された自身初となる個展で他作品と共に公開された。

現在、《男女》はフィラデルフィア美術館(アメリカ・ペンシルベニア州)にて展示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名男女
  • 制作年1942年-1943年
  • 製作国不明
  • 所蔵フィラデルフィア美術館
  • 種類油彩
  • 高さ186.1cm
  • 横幅124.3cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 男女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。