作品概要

北斗七星の反映》は、画家のジャクソン・ポロックによって制作された作品。制作年は1947年から1947年で、アムステルダム市立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《北斗七星の反射》は、ジャクソン・ポロックにより1947年に制作された抽象絵画である。

アクション・ペインティング

ポロックは1947年から「アクション・ペインティング」を本格的に展開した。

「アクション・ペインティング」とは、抽象的表現と形態の融合より創出された独自の技法である。「ポーリング」(塗料を注ぎ掛けながら線を描く技法)、「ドリッピング」(塗料を撒き散らして滴らせる技法)、「スプラッタリング」(塗料を粒状に飛び散らす技法)により、作品を描いた。

作品では、「ドリッピング」により、ロングアイランド(ニューヨーク州南東部に位置する島)の夜空が表現されている。ポロックは塗料を細かく滴らせ、キャンバス全体に散在させている。黒色、白色、黄色、赤色、青色の塗料が何層にも重なり、キャンバス表面にはエナメル塗料が撒き散らされている。合わせて、キャンバス上に砂、ガラスの破片、釘、硬貨、絵具チューブの蓋、瓶の蓋などの物質を置き、塗料と融合しながら制作した。

抽象表現主義の光

また1948年、《北斗七星の反映》は、他16作品と共にベティ・パーソンズ・ギャラリー(アメリカ・ニューヨーク州)にて展示され、高い評価を受けた。この時期、ポロックの画風は「アクション・ペインティング」への移行期であり、抽象表現と「ドリップ・ペインティング」の融合を試みていた。

なお、ベティ・パーソンズ・ギャラリーは、抽象表現主義の芸術家を輩出し、当時、最も重要なギャラリーといわれた。現在、「北斗七星の反射」はアムステルダム市立美術館(オランダ・アムステルダム)にて展示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名北斗七星の反映
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1947年 - 1947年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム市立美術館
  • 種類油彩
  • 高さ111cm
  • 横幅91.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 北斗七星の反映の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。