作品概要

海のような変化》は、画家のジャクソン・ポロックによって制作された作品。制作年は1947年から1947年で、シアトル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《海のような変化》は、画家ジャクソン・ポロックにより1947年に制作された。

アクション・ペインティング

ポロックは1947年から「アクション・ペインティング」を本格的に展開した。「アクション・ペインティング」は、抽象的表現と形態の融合より創出された独自の技法である。

「ポーリング」(塗料を注ぎ掛けながら線を描く技法)、「ドリッピング」(塗料を撒き散らして滴らせる技法)、「スプラッタリング」(塗料を粒状に飛び散らす技法)により、作品を描いた。作品は、二段階に分かれて制作された。

まず、ポロックはイーゼルにキャンバスを立て、絵筆にて複雑に入り組んだ線にて下層を描いている。その後、下層の上から黒色の外壁用塗料にて下書き線を引き、アルミニウムペイントや黒色の外壁用塗料を撒き散らし、粒状に飛び散らしている。上層の塗料が乾く前に、小石や砂利が振りかけられている。

また、作品名である「海のような変化」という言葉は、ウィリアム・シェイクスピア作のロマンス劇「テンペスト」に由来する。

ポロックとシェイクスピア

「テンペスト」には、死と父親の変貌について書かれている。「海のような変化」はシェイクスピアの造語であり、海が潮汐を繰り返して潮の流れが変わり、地形まで変貌させていく姿を表現している。

シェイクスピアを引用することは、ポロックにとって適しているように思われる。シェイクスピアは近代英語に、ポロックは現代美術に大きな影響を与えている。シェイクスピアは初期近代英語に文法体系を創り出し、恋愛概念に関する慣用表現や造語を多く生み出した。一方、ポロックはピカソの分析的キュビズムを変化させ、新たに独自の世界観を作り上げた。

現在、《海のような変化》はシアトル美術館(アメリカ・ワシントン州)にて展示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名海のような変化
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1947年 - 1947年
  • 製作国不明
  • 所蔵シアトル美術館
  • 種類油彩
  • 高さ147cm
  • 横幅112.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海のような変化の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。