作品概要

マリリン・モンロー》は、画家のウィレム・デ・クーニングによって制作された作品。制作年は1954?年から1954年で、ニューヨーク州立大学付属ニューバーガー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ウィレム・デ・クーニングの「女シリーズ」は、本来美しかるべき女性像が抽象絵画として究極的にデフォルメされていることでも有名だ。

本作《マリリン・モンロー》もしかり。大胆な筆さばきでキャンバスにモチーフが描かれている。

時として筆から絵の具がしたたり落ちるほどの描き方である。描く内容よりもむしろ描く姿勢自体に意味を置く「アクション・ペインティング」と呼ばれる考え方のもと制作された作品である。

タイトルの珍しさ

この作品が生まれる以前、1951年には、習作、つまり練習のために描かれたものがある。そちらも《マリリン・モンローの習作》として残っており、現在はリョービ・ファウンデーションに所蔵されている。

どちらの絵も、タイトルの通り、かの有名なマリリン・モンローをモチーフに描かれたことには違いないが、習作と比べて本作は、より絵としての存在感が高められたものとなっている。

ウィレム・デ・クーニングは、女性像をモチーフとした作品を非常に多く生み出してきたが、タイトルがないものや、シンプルに「女」とだけつけられたものも多い。

そんな中で《マリリン・モンロー》という固有名詞を冠したタイトルは珍しく、作品の内容も他の女シリーズと比べても、色彩豊かでエネルギーに満ち溢れたものになっている。

また、彼はマリリン・モンローの大ファンで、 アトリエには常にマリリン・モンローのカレンダーが飾られていたことでも有名だ。

余談になるが、この作品が世に出た1954年に、この絵のモチーフであるマリリン・モンローは1月14日、かつてメジャーリーグベースボールのニューヨーク・ヤンキースに所属し、最も知名度の高いプロ野球選手だったジョー・ディマジオとサンフランシスコ市庁舎で結婚している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィレム・デ・クーニング
  • 作品名マリリン・モンロー
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1954?年 - 1954年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ニューヨーク州立大学付属ニューバーガー美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩・カンヴァス
  • 高さ127cm
  • 横幅76.2cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • マリリン・モンローの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。