作品概要

川への扉》は、画家のウィレム・デ・クーニングによって制作された作品。制作年は1960年。

詳細な画像を見る

《川への扉》は、画家ウィレム・デ・クーニングによる、抽象表現主義に属する絵画である。

活動場所

1950年代後半、デ・クーニングは、活動拠点をニューヨークとその郊外であるロングアイランドのイーストハンプトンに分けて過ごすようになった。彼は1960年の記述にあるように、この時期の彼の絵画は、彼の周囲の変化を反映している。

「あらゆるものが感動的だ。その風景のほとんどが一目で見渡せる。主要道路や市街地の外、都市に行くことやそこから得られる感情、そのほとんどが感動的なんだ。」と彼は話していた。

象徴するイメージ

1960年、彼が描いた今作品は、家庭用ペンキで使うような筆による大胆なタッチで描かれている。

長方形のようなドアがキャンバス中央に位置し、青、ピンク、黄色、茶色、白を基調として大胆なストロークで描かれている。これはタイトルからも川へと続く景色であることを連想させる。エネルギーに満ちたキャンバスの中央に、開かれたドアが大胆に位置する様子は、この世はこれから開かれた世界になっていくという示唆を与えているとされる。それを自信を持って描き、川へと通ずるドアに込められたような意志は、デ・クーニングの初期の絵画の抽象的な特徴と彼の後の作品の色彩が入り混じった特徴のどちらの中にも一貫して受け継がれている。

逸話

また、女性をモチーフのほとんどに用いてきたデ・クーニングにとって今作品は珍しいものにも思えるが、これは彼の興味が多岐にわたることも示している。

キミコ・パワーズの話では、デ・クーニングが「絵画同様に完成することのない」アトリエに用意されたドアの形を気に入り、しばしばそのサイズで作品を制作したという面白い逸話がある。

実際に、出品された作品の中には縦長のものも多く、直立した人物を描くのに都合が良かったことから、そのドアの形がどこかでデ・クーニングにインスピレーションを与えたことも考えられる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィレム・デ・クーニング
  • 作品名川への扉
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1960年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵不明
  • 種類油彩、リネン
  • 高さ203.5cm
  • 横幅178.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 川への扉の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。