作品概要

インターチェンジ》は、画家のウィレム・デ・クーニングによって制作された作品。制作年は1955年から1955年で、ケネス・グリフィンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《インターチェンジ》は1955年にウィレム・デ・クーニングによって描かれた作品。

アクション・ペインティングの代表者

抽象表現主義の創始者の一人として、20世紀美術史において重要な存在であるウィレム・デ・クーニング。具象であるとも抽象であるともつかない表現と、激しいタッチが特徴だ。

アクションペインティングとは、作品はもちろん絵を描く行為そのものも重視し、顔料を飛び散らせたり垂らしたりすることによって描く絵画の様式である。戦後、デ・クーニングは戦争に幻滅しつつも立ち直ろうとするなかで作品を描き、世界の醜い現実を表現した。

世界最高額の絵画

2015年9月、米大手ヘッジファンド運用会社シタデル・インベストメントの創業者ケネス・グリフィンにより、約3億ドルで落札された。過去最高額であるゴーギャンの作品と並ぶ額であり、高額で取引されるデ・クーニングの作品のなかでも最も高値である。

元の所有者はデヴィッド・ゲフィン。ケネス・グリフィンは同時に、ポロックの《ナンバー17A》を約2億ドルで同時に購入したため、デヴィッド・ゲフィンには合計約5億ドルが支払われた。

個人間での落札は高額なものが多い。対して、オークション経由で取引された作品の最高額は、現在のところパブロ・ピカソの《アルジェの女》で、価格は1億7900万ドルである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィレム・デ・クーニング
  • 作品名インターチェンジ
  • 制作年1955年-1955年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ケネス・グリフィン (アメリカ)
  • 種類カンヴァスに油彩
  • 高さ200.7cm
  • 横幅175.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • インターチェンジの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。