作品概要

マリリン・モンローの習作》は、画家のウィレム・デ・クーニングによって制作された作品。制作年は1951年から1951年で、リョービ・ファウンデーションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マリリン・モンローの習作》は1951年にウィレム・デ・クーニングによって描かれたものである。

作風

ウィレム・デ・クーニングの代名詞である「女性像」をテーマとした作品のなかで最初期のもの。3枚の紙を貼り合わせて作られており、三角形のつり上がった眼や、黄や赤の色使いが印象的な作品である。

クーニングは1954年にも《マリリン・モンロー》というタイトルで発表しているが、こちらはその習作、つまり練習のために描かれたものである。抽象画でありながら人物の特徴をよく捉えており、ひと目でモンローとわかるデッサンだ。純粋な抽象画家として活躍していたボロックと比較して、クーニングが「半抽象」とも言うべき手法をとっていたことも関係している。

「肉食の画家」

女性の作品を多く描いたのは並々ならぬ女性への執着の表れである。自身の交際関係もまた多彩なものになっており、なかでも有名なのは、ボロックの恋人であったリースとの関係。ポロックが自動車事故で死亡した後、交際していた。

また、「ピンクの肉塊」とも形容されるクーニングの作品は肢体を肉々しく執拗に、時に異様なほどねじれた形で描かれていた。クーニングが関心を寄せていたルーベンスやスーチンの画風が影響を与えていたのではないかと、研究者の間では推測されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィレム・デ・クーニング
  • 作品名マリリン・モンローの習作
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1951年 - 1951年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵リョービ・ファウンデーション (アメリカ)
  • 種類パステル画
  • 高さ42.5cm
  • 横幅24.6cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • マリリン・モンローの習作の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。