作品概要

かささぎ》は、画家のクロード・モネによって制作された作品。制作年は1868年から1869年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《かささぎ》はフランスの印象派画家であるクロード・モネによって描かれた油彩画である。1868年の冬から1869年にかけて、ノルマンディー地域のコミューンであるエトルタ近郊で制作された。1984年にオルセー美術館が購入した本作品は、所蔵品の中でも最も人気のある絵画の一つである。

制作の背景

エトルタの家は、恋人であるカミーユ・ドンシューと生まれたばかりの息子とともにモネが生活する住まいであった。モネのパトロンであったルイ・ヨアキム・ゴーディベールは、モネが家族に囲まれながら快適に絵を描けるよう空間になるよう、家の整理を手伝った。

モネは1867年から1893年にかけて、友人である印象派画家のアルフレッド・シスレーとカミーユ・ピサロとともに、雪の自然効果を描いた風景画を何百も制作した。ピエール=オーギュスト・ルノワール、ギュスターヴ・カイユボット、ポール・ゴーギャンも、数は少ないものの、同様に冬の絵を制作した。美術史家は、フランスの厳しい冬を描いた一連の作品は、印象派画家による冬の風景画の数の増加に寄与したと考えている。

考察

枝で作られた戸に止まっている一羽の黒いかささぎと、太陽の光の輝きを受けて青い影を創り出している新雪が描写されている。

本作品は、モネによって描かれた約140もある雪景色の作品の一つである。モネが最初に描いた雪景色である「荷馬車、オンフルールへの雪道」は、1865年あるいは1867年に制作された。続いて同年に《サン・シメオン農場への道、冬》が描かれ、著名な雪景色シリーズが制作されていった。その後1869年から1871年にかけて、カミーユを描いた唯一の冬の絵として知られている《レッドケープ》が制作された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名かささぎ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1868年 - 1869年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ89cm
  • 横幅130cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • かささぎの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。