作品概要

アルジャントゥイユのセーヌ川(川面に魅せられて)》は、画家のクロード・モネによって制作された作品。制作年は1875年から1875年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

現在、この作品は、イギリス人のデイビッド・ジョエルの所有である。

本作は、フランスのセーヌ川の風景が実にみずみずしく描かれたもので、モネの作品の中でも、美術専門家から高く評価されている作品である。

本物か偽物か

かつて、この絵画は競売に出されたが、その際、競売設定価格の £500,000 に届かなかった。絵には、1875年という文字とともにクロード・モネの署名があるのだが、果たしてこれが本物なのか偽物なのか、はっきりしなかったからだ。

また、2011年には、英国のテレビ番組「偽物かお宝か?(Fake or Fortune?)」に取り上げられた歴史もある。その際には、ジャーナリストのフィオーナ・ブルースと芸術ディーラーかつ歴史家であるフィリップ・ブルースが、この作品を調査している。

芸術歴史家であるデイビッド・ジョエルは、この作品を1992年、£40,000で手に入れた。彼は、2冊のアートブックを出版した人物で、1作は海洋画家チャールズ・ブルッキングの作品集、そしてもう1作は、ほかでもないモネの歴史をテーマにしたものである。

ジョエルはこの作品を購入した後、この作品が果たして本当にクロード・モネによる本物なのか、数年に渡って調査をおこなった。そして、検証を請け負ったデイビッド・ウィルデンシュタイン研究所が、この作品を本物のクロード・モネのものと認定した。

その後、ウィルデンシュタイン研究所から出版されたカタログにより、本作はモネの作品として人々に広く受け入れられる運びとなる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名アルジャントゥイユのセーヌ川(川面に魅せられて)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1875年 - 1875年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人蔵
  • 種類油彩
  • 高さ42.5cm
  • 横幅73cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アルジャントゥイユのセーヌ川(川面に魅せられて)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。