作品概要

シテール島への巡礼》は、画家のジャン・アントワーヌ・ヴァトーによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

雅宴画

大庭園や田園など豊かな自然の中を着飾った男女、恋人たちが優雅に散策している絵を雅宴画という。本作はヴァトーの最高傑作かつロココ様式台頭のきっかけとして認知されている。主題は愛の島と呼ばれたシテール島。「訪れれば必ず理想の伴侶に出会える」と言われたこの島で、男女が夢のようにロマンチックな幻想物語に身を委ねている。

哀愁

ヴァトーの活躍したルイ15世の時代、もはや貴族は政治力のない時代であった。かつての華やかな生活を宴や恋で気晴らしする貴族を、画家はメランコリーとエロティシズムを漂わせて描いた。本作も旅に乗り出す所ではなく、終結の場を描いたことことに画家の意図が表れている。この場面を選んだことで、作品に微かな哀愁を漂わせることに成功している。画面右方、皆が帰り支度をする中で、一組だけまだ愛にのぼせて盲目になっている。立ち去ろうとする一人の女性が、それを悲しげに見つめているが、それは彼女が愛が束の間のものだと知っているからだ。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトー
  • 作品名シテール島への巡礼
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • シテール島への巡礼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。