作品概要

アダムとエヴァ(銅版画)》は、画家のアルブレヒト・デューラーによって制作された作品。制作年は1504年で、大英博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この作品はアルブレヒト・デューラーによる最も有名な銅版画の一つである。

作品の背景

アダムとエヴァは『旧約聖書』、『創世記』に登場するこの世で最初の人類である。彼らは神に創造され、恥じらいや悲しみを知らず、裸のまま楽園に住んでいた。ある時エヴァが蛇にそそのかされて、禁じられていた「知恵の実」を食べてしまい、楽園から追放される。そこから人類の苦しみが始まったためこれを「原罪」という。

制作の意図

デューラーは、イタリアへの旅行以来、「理想的な人体のプロポーション」を求めて研究を重ねてきた。この銅版画で、彼は「聖書のアダムとエヴァの物語を表現したい」というよりは、むしろ、「自分の男女の理想的裸体表現に関する研究成果を、古代彫刻にならって表現したい」という欲求に基づいて制作したようだ。

背景の意味

背景にいるシカ、ウサギ、ネコ、雄牛は人類が原罪を犯した後に生まれた4つの精神を表している。また、ネコとネズミの対比は男女の緊張関係を、オウムは第二のエヴァ、すなわち原罪から免れた「新しいエヴァ」として生まれるであろう、聖母マリアを示し、アイベックス(ヤギの一種)は異端信仰を表している。

デューラーの自然観は、豊かで愛情に満ちたものであったが、この《アダムとエヴァ》の人体表現は、それと矛盾して硬直したポーズをしている。なぜならデューラーは、ここで「人体比例の規則」を初めて意識的に適用しようとしているからだ。

表現の目的

背景の動物たちの豊かな表現と、人体の生硬さの間の不均衡は、デューラーの熟練した技巧によってかろうじて補われている。アダムとエヴァの物語は単に口実で、ベルヴェデーレの《アポロやウェヌス》といった、古代彫刻を版画で表現するのが、デューラーの目的なのである。そのため二人の肉体はこれまでになく様々な点描や線描を用いてその質感が入念に表されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルブレヒト・デューラー
  • 作品名アダムとエヴァ(銅版画)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1504年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵大英博物館 (イギリス)
  • 種類紙、エングレーヴィング
  • 高さ25.6cm
  • 横幅19.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アダムとエヴァ(銅版画)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。