作品概要

アルバの聖母》は、画家のラファエロ・サンティによって制作された作品。制作年は1510年から1510年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『アルバの聖母』は、盛期ルネサンスのイタリアの画家ラファエロ作の作品で、ごく普通のイタリアの田舎にいる聖母マリア、イエス、洗礼者ヨハネを描写している。洗礼者ヨハネはイエスに向かって十字架を掲げ、赤子のイエスはその十字架を握っている。3人とも皆、十字架をじっと見つめている。3人の人物は、丸い構図の左側に寄せられているが、聖母マリアの伸ばした腕と波打っている羽織ものによって、構図のバランスが保たれている。

本作品は、ノチェラ・ディ・パガーニにあるオリヴィターニ教会へ絵画を寄贈しようとしたパオロ・ジョヴィオから依頼された。18世紀には、スペイン貴族のアルバ家が所有しており、本作品にその名前が付けられた。1836年には、ロシアのニコライ1世が買い取り、サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ国立美術館の注目作品の1つとした。100年後、ソビエト政府はアンドリュー・ウィリアム・メロンへ秘密裏に売却し、メロンはワシントンD.C.のナショナル・ギャラリーに寄贈した。現在も、そのナショナル・ギャラリーで本作品は見られるだろう。

エルミタージュ国立美術館に所蔵されていた頃の19世紀初期に、本作品は円形の板パネルから正方形のキャンバスへ移植されたと思われる。本作品を解析したところ、元の板パネルの中央と右側の割れが激しかったと特定された。絵の中のまだら模様は目立ち、右側の遠景は移植の過程で損傷したことが分かる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラファエロ・サンティ
  • 作品名アルバの聖母
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1510年 - 1510年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩(板からキャンバスへ移植)
  • 高さ94.5cm
  • 横幅94.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アルバの聖母の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。