作品概要

三美神》は、画家のラファエロ・サンティによって制作された作品。制作年は1504年から1505年で、シャンティイ城コンデ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《三美神》は、イタリアの画家ラファエロ作の油彩画で、フランスのシャンティイ城コンデ美術館に所蔵されている。1500年頃、ピエトロ・ペルジーノの所で学ぶため、助手に就任した後のいずれかの時点、あるいは1503~1505年頃に描かれたようだが、制作開始の時期について明確には特定されていない。ジェームズ・パトリックは2007年の「ルネセンスと宗教改革」内で、ラファエロが正面と背面で裸婦の姿形を描写したのは、本作品が初めてだ、と述べている。

本作品は、古代ギリシア神話の美の三女神を描いている。シエナ大聖堂のピッコロミーニ図書館に展示されている古代ローマの彫像から着想を得てラファエロは描いた、と主張されることが多い――19世紀の美術史家ダン・Kは、元にした彫像の模倣としてはあまり上手くないと評している――しかし、そのモチーフはイタリアでよく用いられるものだったので、他の着想があり得る。ジュリア・カートライトは2006年の「ラファエロの初期作品」内で、古代ギリシアの彫像が本作品のモデルでないことは明らかであり、彫像よりもフェラーラ派の影響を大いに受けているのだ、と述べている。

左側で、乙女(純潔)を表すように下腹部に布を巻いている人物、右側にいる成年女性(古代ギリシアの悦楽の女神ウォルプタース)によって、3人の人物は、女性の成長段階を表現しているのかもしれない。とはいえ、他の解釈は全く提示されていない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラファエロ・サンティ
  • 作品名三美神
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1504年 - 1505年
  • 製作国不明
  • 所蔵シャンティイ城コンデ美術館 (フランス)
  • 種類油彩板絵
  • 高さ17.1cm
  • 横幅17.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 三美神の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。