作品概要

カウパーの小聖母子》は、画家のラファエロ・サンティによって制作された作品。制作年は1505年から1505年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《カウパーの聖母子》は、盛期ルネサンスのイタリアの画家ラファエロ作の作品で、ごく普通のイタリアの田舎にいる聖母マリアと赤子を描写している。本作品は、盛期ルネサンス中期の1505年頃に描かれたと特定された。

本作品の中央で、鮮やかな赤い服を着て座っているのが聖母マリアである。マリアは、かなりの量の金髪をその身にまとい、木製のベンチにゆったりと腰掛けている。膝にかかっているのは濃い色合いの布で、マリアの右手がその布にそっと触れている。ごく薄手の透き通るリボンが、マリアの頭の後ろから服の上に渡って優雅に流れているようだ。頭には、かすかに輝く金色の光輪が神秘的に描かれている。

マリアは、左手で赤子のイエスを抱き、イエスは、片方の腕をマリアの背中に回し、もう片方はマリアの首あたりに置いて抱きついている。間違いなく大切な子どもであるイエスは、恥ずかしそうに微笑みつつも、怖がって震えているようだ。2人の後ろには、美しく澄み切った明るい昼間の光景が広がっている。

遠くでは、2つの人影が、水面がきらめく池に向かってのんびり歩き、緑に囲まれた景色を楽しんでいるように見える。大きくとても印象的な建物が、長い道の先に建っているが、その建物はカトリック教会かもしれない。カトリックの建築物によく見られる円蓋や他の構造的要素が、かねてから遍在する宗教的な神性と気品の雰囲気を高めている。

本作品がなぜ制作されたのかは、正確には分からない。おそらく、個人的な依頼か、一般的な美術品販売店のために描かれたのだろう。聖母マリアと赤子の肖像は、結婚祝いとして贈られることが多かったのだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラファエロ・サンティ
  • 作品名カウパーの小聖母子
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1505年 - 1505年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩板絵
  • 高さ59.5cm
  • 横幅44cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • カウパーの小聖母子の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。