作品概要

聖ゲオルギオスと竜》は、画家のラファエロ・サンティによって制作された作品。制作年は1504年から1506年で、ナショナル・ギャラリー (ワシントンD.C.)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖ゲオルギオスと竜》は、盛期ルネサンスのイタリアの画家ラファエロが1504~1506年に描いた小型の絵画であり、現在、ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

聖ゲオルギオスは、英国ガーター勲爵士団の青いガーターを身に付けている。これは、1504年、イングランド王ヘンリー7世から、ラファエロのパトロンでウルビーノ公グイドバルド・ダ・モンテフェルトロへ、この勲章が授与されたことを表している。青いガーターから、その組織の銘にある最初の言葉「HONI」が読み取れる。

本作品はおそらく、ウルビーノに勲章をもたらしたイングランドの使者ギルバート・タルボット卿か、ヘンリー本人のどちらかへ贈るために、ウルビーノ公より依頼されたものだろう――近年の学識によると後者の考えが提唱されている。イタリアの小国の統治者に与えられた勲章は、外交目的など物ともしないイタリア・ルネサンスの文化的威信をヘンリーが認めた証である。

伝説に基づくモチーフで騎士道やキリスト教に通ずる、聖ゲオルギオスの竜退治は、出来事としてふさわしいものである。聖ゲオルギオスの父と同様、グイドバルドは傭兵隊長か、傭兵隊の所有者であった。ラファエロの初期作品には非常に小さな絵画が数多くあり、ルーヴル美術館所蔵のもう1つの「聖ゲオルギオスと竜」や、ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵の「騎士の夢」も、その中に含まれる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラファエロ・サンティ
  • 作品名聖ゲオルギオスと竜
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1504年 - 1506年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (ワシントンD.C.)
  • 種類油彩板絵
  • 高さ28.5cm
  • 横幅21.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖ゲオルギオスと竜の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。