作品概要

ビンド・アルトヴィティの肖像》は、画家のラファエロ・サンティによって制作された作品。制作年は1512年から1515年で、ナショナル・ギャラリー (ワシントンD.C.)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ビンド・アルトヴィティの肖像》は、盛期ルネサンスのイタリアの画家ラファエロが、1515年頃に完成させた作品である。アメリカ合衆国ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

ビンド・アルトヴィティは、1491年ローマ生まれのフィレンツェ人で、裕福な銀行家だった。芸術を好む文化人でもあった。

光と影の強いコントラストに加え、優美で、まるで女性のようなモチーフの姿は、これまでのラファエロ作品とはかけ離れている。特に、ローマ時代の晩年、男性の肖像画で違う表現法や構成が試されているのは一目瞭然である。この時期、ラファエロはレオナルド作品を機敏に学んだため、その影響が、本作品に驚くほどはっきり現れている。

本作品は、1808年までアルトヴィティの子孫が所有していたが、バイエルン国王ルードヴィヒ1世に売却された。1936年までアルテ・ピナコテーク(ドイツの国立美術館)で保管された後、作者について議論が重ねられたものの、「賢しいイギリス商人たち」によって持ち出され、ナチス・ドイツに渡った。そして、サミュエル・ヘンリー・クレスの手に渡り、のちにアメリカ合衆国ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリーの所蔵作品となった。

ちなみに、ベンヴェヌート・チェッリーニ作のアルトヴィティの胸像は、ボストンのイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館で展示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラファエロ・サンティ
  • 作品名ビンド・アルトヴィティの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1512年 - 1515年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (ワシントンD.C.)
  • 種類油彩板絵
  • 高さ60cm
  • 横幅44cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ビンド・アルトヴィティの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。