作品概要

嫉妬》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって制作された作品。制作年は1895年から1930年で、ベルゲン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《嫉妬》は、ノルウェーの画家エドゥアルド・ムンクのシリーズ絵画である。ムンクは、人生の中でこのテーマを繰り返し描いた。「嫉妬」のシリーズはゆうに11作品を越えている。最初の作品は1895年に描かれ、最後の作品は1930年台になる。

ムンクは更に、このテーマにおいて4つの石版画と1つのドライポイント版画を製作している。絵画はヨーロッパ時代に描かれたものであり、スタイルとしては表現派に属する。1895年に描かれた油彩ヴァージョンは、おそらく最も有名な作品であり、ノルウェー・ベルゲンのラスムス・メイヤーコレクションに展示されている。

アダムとイヴのテーマに沿っており、肖像画はスタニスラフ・プシビジェフスキを描いている。目立つあご髭が特徴のこの男は、ムンクのポーランド人で詩人の友人であった。プシビジェフスキの「嫉妬」の中の肖像画の描写は、おそらく彼の妻のダグニー・ジュエルとの愛が関係しているように思われる。

ムンクはプシビジェフスキとジュエルの結婚の年である1893年にジュエルを描いている。それに加えて、8ヴァージョンがノルウェー・オスロのムンク美術館に、1ヴァージョンがドイツ・フランクフルト アル マインのシュターデル美術館に展示されている(プライベートコレクションの貸し出しによる)。1898年から1900年に製作されたもう1つのヴァージョン「浴室の嫉妬」とタイトルがついている作品は、1982年にサザビーズにて売りに出されたが、現在その行方は分かっていない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドヴァルド・ムンク
  • 作品名嫉妬
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895年 - 1930年
  • 製作国不明
  • 所蔵ベルゲン美術館 (ノルウェー)
  • 種類油彩、版画、ドライポイント
  • 高さ66.8cm
  • 横幅100cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 嫉妬の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。